お問い合わせ・ご予約

ブログペーン

飲むだけで痩せる?

飲むだけで痩せるって本当?

酵素

今日は酵素についてです。

みなさん、酵素ドリンクやサプリを試したことはありますか?

「飲んだけど全然痩せない~。。。」なんてことはありませんか?

それは正しい酵素選びをしていないからです!!!

 

◆酵素って何?

酵素とは・・・生物がつくりだす触媒作用をもつタンパク質で、生体触媒ともいう。

生体内で行われるほとんどの化学反応は、酵素の触媒によって初めて進行するので、生命にとってはなくてはならないものである。

 

◆酵素は熱に弱い!

材料がタンパク質ですから、酵素の特徴としてあげられるのが、熱に弱いということです。

卵を思い出してください。卵は、熱をかけていないときは白味の部分は透明でとろとろしていますが、熱をかけると白く固まります。

同じように酵素も、加熱されると蛋白が変成して酵素でなくなってしまいます。

一般に酵素が耐えられる温度は50~70度くらいまでです。

つまり、加熱した食べ物に、酵素の働きはないということです。

このため、普段の食生活において、加熱したものばかりたべず、酵素の入っている食品を摂るように心がけなければなりません。

 

◆何に含まれるの?

発行食品

私たちの体内にある酵素には、消化をサポートする役割や、基礎代謝などをサポートする役割があり

置かれる環境の条件(温度や酸性・アルカリ性など)によって担う役割が変わります。

 

酵素ジュース、酵素サプリメントなどは食物に含まれる「食物酵素」を利用したもので、身近な食べ物にも含まれています。

食物酵素を豊富に含んでいる食べ物として代表的なのは、生の野菜やフルーツ、発酵食品です。

多く含まれる野菜には、レタス、ニンジン、セロリ、キャベツ、トマト、きゅうり、大根などがあり、フルーツには、キウイ、アボカド、バナナ、リンゴなどがあります。

 

◆どうやって摂ればいいの?

酵素ドリンク

しかし、野菜やフルーツに含まれている酵素は、実は胃で活性を失ってしまいます

そのため、体の外から酵素を摂取するというのはまず難しいと考えられます。

しかし、食物酵素には食物の栄養を強化したり、新たに栄養を作るという働き、そして風味を増したり消化しやすくする働きもあります。

 

お肉をすりおろしたキウイやリンゴを使ったたれに漬けておくと、柔らかくなることはご存じの方も多いことでしょう。

それらを摂ることは体内の酵素を活性化し、健康な身体づくりにつながると考えられます。

また、味噌や醤油、納豆、キムチ、漬け物、麹などの発酵食品を活用しましょう。これらの発酵食品は、酵素の力が発揮されたものです。

もっと手軽に摂りたい場合は、酵素の力で消化しやすくした酵素ジュースなどを活用するのも、ひとつの方法です。

 

◆酵素の効果は?

・血液がサラサラに

若いうちは、何もしなくても血液がサラサラとしているのが普通です。

しかし、年齢が上がっていくにつれて、次第にドロドロとしてきます。
そのまま放っておくと、サラサラした流れには戻せなくなってしまうので、できるだけ早い段階で対策を立てなければなりません。
酵素摂取するというのは、最も手軽にできる対処方法なのです。

 

・免疫力UP!

筋肉
なんだか疲れがなかなか抜けない、肩がこるといった体の不調は免疫力の低下が原因の一つと言われています。
免疫機能の8割は小腸の粘膜である腸管に存在することが判明しています。
そのため腸が元気だと免疫機能が向上するのですが、そのカギを握るのが酵素です。

 

小腸というのは栄養を摂りいれる一方で外から侵入してくる病原菌や有害物質を食い止める使命を担っています。

腸内の善玉菌が不足していると免疫機能は十分に働かないため腸内環境を整えるために酵素が必要になります。
消化を助け代謝をよくする役割もあり、生命活動の維持に不可欠な存在です。
非常に多くの種類がありますが炭水化物の分解にはアミラーゼ、たんぱく質の分解にはプロテアーゼというように種類によりそれぞれに役割があります。

 

摂取した栄養をちゃんと消化出来る形にして有毒物質を分解するためにも使われます。
体内の量を増やすためには酵素が豊富に含まれた発酵食品や生野菜や果物などを積極的に摂ることが望ましいと言われます。
これらを食物酵素というのに対して、人が生まれたときから体内に持っている潜在酵素という体内でしか作ることのできないものがあります。
一日当たりの生産量はごくわずかで、毒素の排泄や栄養の消化吸収、新陳代謝などを行うためにも使われます。

排せつや吸収、代謝など、自分の生理リズムを整えて、規則的な生活習慣を身に着けることが優れた効果効能を持つ酵素の有効活用を促します。

 

中でも吸収と代謝の時間と呼ばれる夜8時から朝4時にかけての時間は特に重要です。
この時間帯に食べ過ぎてしまうことで酵素は消化のために一生懸命働かなくてはならなくなり、生産されるどころかどんどん少なくなってしまいます。
夜中に物を食べないほうがいいと言われるのはそのためです。
この時間の飲食を抑えることによって一晩寝ている間に断食状態を作ることにつながります。
ものを食べないことにより腸は休息をとることができて、本来の機能が回復し、酵素の浪費を抑えることもできて、免疫力のアップにもつながります

 

・便秘解消!

便秘

便秘は無理に力んで排便しようとすることで、痔などの疾患になる人も多く、便秘症を慢性化させてしまう事にもなりかねません。

また、便秘は腸内に老廃物が溜まり腸内環境が悪玉菌で満たされるので、そのことで肌にもダメージを与えるようになってしまいます。

吹き出物ができやすくなったり、ニキビが頻繁に出来るのは、腸内環境が悪玉菌で満たされているからなのです。
まさに便秘は百害あって一利無しなのです。

 

酵素には豊富なビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。
そのため酵素摂取をを習慣化し食生活に取り入れる事ができれば、便秘を解消する効果効能が期待できるのです。

 

ヨーグルトにも腸内環境を整える効果効能が認められているのです。
酵素は腸内の悪玉菌を排除し、善玉菌に変えてくれる効果があるので腸内環境が善玉菌で満たされると、
排便リズムが整ってきて、毎日決まった時間に便意を感じるようになります。

 

このように、酵素を摂ると体の消化・代謝が上がり、自然と痩せやすい体になるのです!

 

 

 


Notice: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /var/www/home/pure/public_html/lialu.jp/wp-includes/functions.php on line 3961

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フォローまたは友達追加で10%OFF

Access

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-15-21ソシオ心斎橋501
営業時間:10:00〜22:00 水曜:定休日

GoogleMapで見る

フォローまたは友達追加で10%OFF

Facebook

facebookアカウントLi'alu.

Twitter

Twitterアカウント@Li'alu__

LINE

LINEID@jsv9008b

Li'alu公式LINE「@jsv9008b」で検索
Li'alu公式LINE 友達追加する

Instagram

InstagramアカウントLialu__

Li'aluInstagram