お問い合わせ・ご予約

ブログペーン

ファスティングの効果は?ダイエットは短期集中!

酵素ドリンクの正しい作り方は?

酵素ドリンク

みなさん、酵素が体にいいのはご存知ですよね?
では、その酵素を簡単にとるにはどうすればいいのでしょうか?
今日は酵素ドリンクの作り方をご紹介します。

 

◆まずは材料選び

野菜・果物

市販の酵素ドリンクは数十種類の材料を使っていることも珍しくはありませんが、
手作り酵素ジュースは慣れるまでは単一の素材を利用しましょう。
材料はリンゴなどの果実や、旬の野菜で、無農薬のもの使いましょう。

 

◆容器を用意する

ガラスやプラスチックなどの透明な容器を用意します。
色がついた容器でもいいのですが、透明だと発酵度合いが分かりやすいです
慣れるまでは、透明の容器を使いましょう。

 

◆材料を洗う

材料を水洗いします。このときに農薬が心配であれば、ボールに小さじ1杯程度の重曹を入れ
材料を30秒から1分間浸します。そのあとによく水洗いすればOKです。
重曹はお菓子作りなどに使われるベーキングパウダーの主成分ですので、体内に入っても害はありません。

 

◆材料を切る

野菜や、リンゴなどの果実は皮がついたまま使います。
丸ごと使っても構いませんが、細かく切るほど発酵が早くなりますので、スムーズに発酵させるために
材料を3~5cm程度に細かく切り分けましょう。

 

◆砂糖と一緒に容器に入れる

野菜

切った材料を砂糖と一緒に容器に入れます。このときに使用する砂糖は白砂糖(上砂糖)で、比率は、
材料 : 砂糖 = 1 : 1.1 です。
大量に砂糖を使用しますが、発酵の過程で砂糖が分解されるため、糖分を摂りすぎる心配はありません。
容器に砂糖を敷き、その上に材料と砂糖を交互に入れていきます。
そして材料をすべて入れた後に、残った砂糖でふたをします。
酵素は生きているので、完全に密封しないようにしましょう。

 

発酵開始

保管場所は、日光が当たらない場所を選び、冷蔵庫には入れないようにしましょう。
36度くらいが発酵が進む目安ですので、冬はタオルを巻いたり、暖房のあるあたたかい部屋で保管しましょう。

 

毎日かき混ぜる

毎日2回程度空気に触れるように、たっぷりとかき混ぜます。
このときは、ぬか漬けのように素手でかき混ぜましょう
手の常在菌が発酵を促すのにいい影響を与えてくれます。
ただし、手はしっかりと石鹸で洗ってキレイなタオルでよく拭いて、バイ菌がない状態でかき混ぜましょう。

 

発酵完了

 発酵
発酵が進むと、材料が浮いて泡が目立ってきます。
泡が表面にぶくぶくと見え始め、かき混ぜたときにシュワーっと全体に泡が出るようになると完成です。
材料によって発酵に差があります。1~2週間を目安に様子を見ましょう。

 

濾す(こす)

ザルやガーゼ、キッチンペーパーを利用してしっかりと濾します。
このときは材料を絞らないようにして、時間をかけて濾すようにしましょう。
目が粗いザルなどはカスが入ってしまいますので、気になる方はガーゼなどの目が細かい物を利用しましょう。

 

できあがり&保管

濾して完成した酵素ジュースは、冷蔵庫で保管しましょう。
酵素は生きていますので、常温で保管すると発酵が進んでしまいます。
また、このときも容器のふたはゆるめにして空気が入るようにして保管しましょう。

 

この酵素でファスティングを実践してみましょう!

ファスティング

ファスティングとは体内を大掃除させるための”断食”を指します。
とは言っても実際に体の中に入るわけにはいかないため、体内でお掃除を頑張る細胞を一旦リセットさせながら綺麗にします。

体の中に溜まった食品添加物等の有害物質が美容健康の天敵であり、

また、自身にとって許容オーバーの食物が代謝を妨害する原因となっています。

これらを体の外へと追い出すのがファスティングの効果です。

 

◆ファスティングで期待できるメリット

ファスティングを行うことで、腸や肌を綺麗にするだけではなく、

体脂肪を減らしデトックス効果を得られます。
それにより便秘の改善や、血液をサラサラにします。
血流が良くなることで冷え性を和らげ睡眠不足も解決してもらえるなどの効果があります。
そのほか肩こり・腰痛といった体トラブルを解消する効果が期待できます。

 

◆ファスティングには酵素が大きく関係

ダイエット

食べたものを分解する消化酵素と、体の正しい働きを見守る代謝酵素、この二つを合わせて潜在酵素と呼びます。
年々体内での製造数が減りながら無くなっていく酵素を、どれだけ体の中に取り込めるかがカギです。
ダイエットが成功しない人は、体内に酵素が不足しているのかもしれません。

 

◆ファスティング前後の”準備期”と”復食期”

回復食

ファスティングプログラムは、準備期間・ファスティング期間・復食期間と3つの期間から構成されます。

準備期…前日までに大量に食べていたのに突然断食となると、激しいギャップを感じてしまう可能性があります。

心身ともに準備をするために準備期間をしっかりとることをお勧めしております。

また、準備期間をしっかり取ることで、ファスティング後の体重や体脂肪等の現象がより大きくなります

ファスティング期間…ファスティングでは、水と酵素のみで過ごします。

良質な水を1日2リットル摂取しましょう。

復食期間…ファスティングの締めくくりは復食期です。この復食期間がもっとも重要な期間となります。

復食機はファスティング終了後に通常の食事に戻すための準備期間です。

この期間の食事によってはリバウンドの原因になるなど、せっかくの努力も水の泡になってしまいます。

 

ファスティングは腸をリセットしてダイエットにも効果的です!

ぜひみなさんも試してみてください♡♡

Notice: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /var/www/home/pure/public_html/lialu.jp/wp-includes/functions.php on line 3961

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フォローまたは友達追加で10%OFF

Access

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-15-21ソシオ心斎橋501
営業時間:10:00〜22:00 水曜:定休日

GoogleMapで見る

フォローまたは友達追加で10%OFF

Facebook

facebookアカウントLi'alu.

Twitter

Twitterアカウント@Li'alu__

LINE

LINEID@jsv9008b

Li'alu公式LINE「@jsv9008b」で検索
Li'alu公式LINE 友達追加する

Instagram

InstagramアカウントLialu__

Li'aluInstagram