お問い合わせ・ご予約

ブログペーン

ホワイトニングで歯がもろくなる?頻度に注意!

歯というのは意外とよく目につくパーツであり、綺麗な歯はとても魅力的です。

歯を白く美しくする歯のホワイトニングはとても人気がありホワイトニングを受ける方は結構多いです。

そんな歯のホワイトニングですが、歯がもろくなると言われる事もあるようです

ホワイトニングは本当に歯がもろくなってしまうのでしょうか。

ホワイトニングが歯にもたらす影響について

5cb7522ad2e618a87947900e12ae45a0_s

歯のホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

簡単に言えばオフィスホワイトニングは、歯科医院などで歯科医師や歯科医師の指導のもと歯科衛生士にホワイトニング治療してもらう事です。

ホームホワイトニングは名前の通り、家で自分でホワイトニングを行うことです。

それぞれどのようにして歯をホワイトニングしているのかをご紹介します。

オフィスホワイトニングの場合

オフィスホワイトニングは、歯科医院などで歯科医師により行われるホワイトニングで、事前に虫歯や歯周病になっていないかなど、歯の状態を徹底的にチェックする診察をします。

ホワイトニングに使う薬剤は、過酸化水素といって、消毒薬と同じ成分のもの。

過酸化水素は、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解して漂白する効果があります。

オフィスホワイトニングでは、この過酸化水素を30~35%含むペーストの薬剤を使用します。

濃度の高さが高いほど漂白効果が高いです。

審美治療は医療行為です。

ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニングは基本的に歯科医師が処方した薬剤を使用して自宅で行う方法です。

薬剤は、オフィスホワイトニングで使う過酸化水素よりも低刺激な過酸化尿素という薬剤を使用します。

過酸化尿素をマウスピースにつけて一定時間歯にはめてホワイトニングします。

過酸化尿素は、だ液と体温により3.6%くらいの過酸化水素と尿素に分解されることにより漂白効果があります。

歯がしみたり痛くなることがある

ha

ホワイトニングは、歯を白くしてくれるのはもちろん、歯がしみたり痛くなるようなことがあるようです。

歯というのは、表面のエナメル質とその内側の象牙質が歯の中心にある神経を守っています。

内側の象牙質にはたくさんの小さな穴が存在し神経に繋がっています。

なのでエナメル質が削れてしまったり薄くなってしまうと象牙質までホワイトニング剤が浸透して神経まで届き痛みが起こることがあります。

実は、この痛みは一過性のもの。

通常はホワイトニング後24時間以内におさまるります。

でも歯が虫歯だったり歯がひび割れているような場合はしみやすいので注意しましょう。

歯がもろくなるのはなぜ?

ホワイトニングにより歯がもろくなると言われていますが、実際はどうなのでしょう。

ホワイトニングは医療行為であり歯科医師の指導のもと行うものです。

そんなホワイトニングで歯がもろくなったり虫歯になったりすることはあるのでしょうか。

ホワイトニングで歯はもろくならない!?

綺麗な歯

歯のホワイトニングで使う薬剤の主成分は、過酸化水素や過酸化尿素です。

これらは熱などにより活性化され酸素と水に分解されます。

この分解された酸素が歯の内部の色素と結びつくことにより、歯の着色物質を無色透明にして歯をホワイトニングします。

なのでホワイトニングを行っても、歯の構造などが変わるということはありませんし、ホワイトニングにより歯が脆くなることはないと言われています。

こんなことに注意!!

ホワイトニングにより歯が脆くなることはないと言われていますが、気を付けなければならないことがあります。

ホワイトニングは歯がしみたり、刺激を感じることがよくあります。それは健康な歯でも起こるのですが、あまりにもつよい痛みであったり痛みが治らない場合は、相談しましょう。

こんな場合はホワイトニングで歯が脆くなることがあります。

①もともと歯が脆い

ホワイトニングにより歯がしみるのは、歯のエナメル質が薄い部分や元々ある亀裂から歯の神経に薬剤の刺激が伝わるために起きる症状です。

オフィスホワイトニングでは、事前に診察を行うため、一時的な症状であることの方が多いのですが痛みがひどい場合などは相談してみましょう。

②12時間?24時間は酸性の食品を避ける

歯のホワイトニングで使う過酸化水素の効果で、歯のエナメル質の表面のカルシウムが一時的に失われます。

これは脱灰と呼ばれていて歯の表面がでこぼこしたような状態になることです。

12時間~24時間で再石灰化が起こりもとに戻るのですが、その間に酸性の食品を食べてしまうと過剰に刺激してしまうことになります

酸性の食べ物は避けましょう。

使用頻度は関係があるのか?

歯のホワイトニングは、歯科医師によって行われることであるため、正しくしていれば、歯が脆くなったりするようなことは、ほとんどないということがわかりました。

でも注意すべきなのは、研磨剤がたくさん入った歯磨き粉などでホワイトニングする場合です。

この場合は歯を傷つけたり削ったりするので使用頻度は歯が脆くなる原因になります。

また自分の素人判断でホワイトニングなどをする場合も関係してきます。

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングもしっかり知った上でするようにしましょう。


Notice: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /var/www/home/pure/public_html/lialu.jp/wp-includes/functions.php on line 3961

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フォローまたは友達追加で10%OFF

Access

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-15-21ソシオ心斎橋501
営業時間:10:00〜22:00 水曜:定休日

GoogleMapで見る

フォローまたは友達追加で10%OFF

Facebook

facebookアカウントLi'alu.

Twitter

Twitterアカウント@Li'alu__

LINE

LINEID@jsv9008b

Li'alu公式LINE「@jsv9008b」で検索
Li'alu公式LINE 友達追加する

Instagram

InstagramアカウントLialu__

Li'aluInstagram